【情報レジスト・ティムチュック】 5月30日(金)のまとめ

10173325_481968728598454_1124228004_n

原文はこちら:フェイスブック情報レジストHP。 5月29日の分はこちら

和文: S.J.

※ 3月10日からウクライナで活動しているボランティア情報局、「情報レジスト」(”情報で抗議する”)リーダが発信しているその日の記録を和訳したものである。※ ======================================

■悪かったこと■

(1) スラヴャンスクで有名になってしまった「ノーナ」自走砲は、部分的にしか破壊されておらず、テロリストの手により息を吹き返した。テロリストらは治安 部隊により破壊された自走砲をトレーラーに載せて、市内の居住区に設けた複数の拠点間を移動している。昨日から今日までの間にこの武器により治安部隊の検 問所が撃破されてしまった。また武装集団は、「ノーナ」で小児病院と複数の住宅を砲撃している。

この「ノーナ」は弾薬が尽きることが無い模様である(参考までに言えば、標準弾薬基数は25発)。完全に破壊することが出来ないのであれば(それもまたおかしな話ではあるが)、まずは誰がどのようにして弾薬を補給しているのかを調べるべきであろう。

Nono in Sloviansk. Photo: REUTERS

Nono in Sloviansk.
Photo: REUTERS

(2) この2日間だけで国家防衛隊員8名が死亡している。

しかし防衛隊員らは自分達の仲間の敵を討つ。ポルトラク国家防衛隊指揮官は、テロリストらは、殺害された国家防衛隊及びウクライナ軍兵士の1人1人の命の責任を問われることとなろう、テロリストは報いを受けると述べた。

テロリストらは報いを受けるべき悪事を山ほど犯している。しかし、ポルトラク指揮官の発言に関して、防衛隊の元将校(現在の防衛隊ではなく、2000年ま であった昔の防衛隊だが)として自分から言わせてもらえば、防衛隊員というものは意味のない事は口にしないものである。

(3) 悪かったことと言うよりも、可笑しくて信じられないことについて書こう。ロシア連邦捜査委員会は、「戦争において禁止されている兵器と手段を用いた」 との条文により、ウクライナ軍を刑事起訴した。ウクライナは反テロ作戦を誤った形で、テロリストらに対して厳しすぎる形で実行しているというのである。

同様のクレームを文明国が行うのであれば、当然ながらそれはそれで問題であるが、このような発言そのものを理解しようと試みることは可能であろう。しかし このような馬鹿げた発言を行っているのは、常に自国民とロシアの多くの地域を血に染めているクレムリンであるから、それは気がふれた妄言であると言えよ う。

ロシア連邦で流行している「思考回路の慢性キセリョフ病」に罹患している数千万人のロシア国民は、真剣にこの妄言を信じているのである。

(4) ところで、これについては世論調査の結果が示すところである。ロシアの「レヴァダ・センター」の調査では、ロシアにおいてウクライナのことを良く思わ ない人の数がこの1カ月間で2倍も増え、4月には25%であったのが、現在は49%となっている。プーチンのプロパガンダが効いているのである。

 

■良かったこと■

(1) ウクライナの国境警備隊員がますます積極的に活動するようになってきた。本日、ロシア領からの武器の搬入を阻止し、複数のロシア人「義勇兵」を拘束し た。また、国境警備局は、国防省及び国家防衛隊ともロシア国境における国境警備要員の強化について協議を行っているところである。

これは単なるお喋りの類ではない。我々のデータによれば、国境警備員の強化を目的として、一連の軍及び防衛隊部隊の移動が準備されているところである。 他方、ロシアの国境警備隊員がウクライナ領内へのテロリストの侵入を完全に手助けしているというデータも我々の元に届いているが、これは今や素人目にも明らかであろう。

「情報レジスト」の情報では、ロシアの国境警備隊員は、武装集団の「野戦司令官」に対し、ウクライナ国境警備隊の配置に関する情報を提供し、最適の移動 ルートをアドバイスしているのである。彼らはウクライナ・ロシア国境を侵犯しているという事実は絶対に認めようとはしないのであるが、簡単に言えば、クレ ムリンの命令を受けて傭兵をしっかりと擁護しているのである。

このロシア保安庁国境警備局の支援がドンバスを戦場に変えようと試みるならず者を救うことはないものと願う。

(2) 「ドニエプル」大隊とドニプロペトロフスク州地域防衛大隊は、同州内の多くの駅、また州境にある全ての鉄道駅を完全に管理下に置いている。

反テロ作戦がテロリストに対し展開されているドンバスの周辺に「安全保障ベルト」を構築することが不可欠である。この病気が伝染しないようにするためである。そしてこの伝染病の行先をロシアに限定し、また棺桶に入れて送り返すためである。

ところで、コーヴァリ防衛相(代行)が本日述べたように、ドンバスにおいては、武装集団を取り囲む包囲網が狭まっている。ドネツク州の南部及び西部、並び にルガンスク州の北部がテロリストから解放された。唯一残念なのは、このプロセスが信じられないほどゆっくりとしか進まないことである。

(3) 本日、治安部隊はスラヴャンスクの包囲網を突破しようとする試みを阻止した。テロリストらは、これまでにも何度も攻撃を受けてきたクラスヌィ・リマン方面に向かう道路の検問所を突破しようとしたが、出来なかった。

テロリスト達は逃げ回っている。重要なのは、1人も逃さないことであり、これは罰が間も無く下されるが、罰を受けない者が出ないようにしなければならないからである。最も重要なのは正義が下されることである。

(原文: ドミトロ・ティムチュック)

==========================

「情報レジスト」のアーカイブ(4月2日~17日)はこちら。(Архив переводов ИС со 2-го апреля)
「ウクライナ情勢ーーよくある質問(ウクライナ人の視点で)」はこちら。(Мини-ликбез)
在日ウクライナ大使館、報道センター(声明およびコメント)HPはこちら。(Прес-центр посольства України в Японії)

This entry was posted in Tymchuk日本語, 日本語 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to 【情報レジスト・ティムチュック】 5月30日(金)のまとめ

  1. Pingback: 【情報レジスト・ティムチュック】 6月2日(月)のまとめ | Voices of Ukraine

  2. Pingback: 【情報レジスト・ティムチュック】 6月2日(月)のまとめ | Voices of Ukraine

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.