Tag Archives: ロシア

【情報レジスト】 5月6日(火)のまとめ――要約・解説

原文はこちら。(byドミトロ・ティムチュック) 5月5日の分はこちら。   ※ 3月10日からウクライナで活動しているボランティア情報局、「情報レジスト」(”情報で抗議する”)リーダが発信しているその日の記録を、要約し一部解説を加えたものです。※ ====================================== ※ 誤字脱字・不自然な日本語など、申し訳ありません。 ■ 悪かったこと ■ (1)  保安庁長ナリヴァイチェンコ氏は 、ドンバス(※)が不安定なのは住民がロシアの反ウクライナ・プロパガンダによる影響が強く、保安庁・内務省・国防省を信頼していないためであると述べた。 それは事実である。しかし、それなら、ウクライナ国家はここ2か月の間、ロシアの強力なプロパガンダマシンに対抗するために何をしたのだろうか。逆プロパガンダはどうなっているのか。対テロ作戦本部が情報政策を行っているだろうか。安全保障・国防会議が形成したはずの情報戦調整組織はどうしたのか。質問は絶えないが、答えは聞こえてこないのだ。 行政機関にも、一般市民の中にも、ウクライナのために自発的に情報戦に取り組んでいる人がいるだろう。素晴らしいと思う。ただ、これはやはり、国が国家レベルのリソースを使い行うべきことである。 東部住民の頭の中が誤解に染まったままでは、実際の戦争を効果的にすることはあり得ないのだ。 (2) コーヴァリ国防相は、政府がドンバスの一般市民を戦争に巻き込まないとしているために、対テロ作戦がなかなか勢いを増せないと述べた。 賛成せざるを得ない。一般市民をまでせん滅するのはいただけない。 しかし、それなら、せめてテロリストに攻撃されたときに急所を狙う射撃を公式的に許してほしい。現時点では、各地の対テロ部隊が武器を使おうものなら政府が眉間にシワを寄せ、戦闘のたびに自己責任で撃つ撃たないの指令を出すことになっている。 (3) ラブロフ外務省(露)によると、親ロシア派代表の参加がなければ、ロシアはウクライナとの交渉に応じる意味が見出せない。ロシアの操り人形を国際舞台に登場させようというのである。 ロシアに相談に乗ってもらうといいかもしれない。紛争解決の経験を――たとえば、コーカサスでロシアが実行してきたもの――分かち合ってもらうとよい。 ただ、百人単位に上る一般市民の死亡者や町村ごとのせん滅まみれのその実績一覧には、「交渉により解決」が見つからない気がしてならない。 ※ ドンバス=トネツク・ルガンスク州を合わせた地域名 (1)、(2) 関連記事(ウクライナ発信、ロシア語) (3) 関連記事(ウクライナ発信、ロシア語)   ■ 良かったこと ■ (1) ウクライナ議会がトルチノフ大統領代行に、対テロ作戦用に治安機関と国防機関の調整する人物を任命するように勧めた。 確かに、コーディネートは対テロ作戦の弱点であり、迅速な解決を要する。 ただ、別途官僚を任命する必要性は明らかでない。今の対テロ作戦責任者が担うべきこの義務を果たせないのだろうか。余計に仲介者を挟むことで作戦の調整がよりややこしくなるだけなのではと、心配である。 後は、結果を見せていただくまでである。解決を要する問題が確認されたことがせめての救いである。 (2) チェボターリ副外務相は、5月2日オデッサで起きた出来事について記者会見をした。 オデッサ州内務省総長と3名の副総長がポストを外され、両方から衝突に関わった人物を160名逮捕。また、これからオデッサでは黒マスクをかぶる者は逮捕されるようになる。一部の警察官は勤務怠慢で解雇。 是非東部でも実行してほしい試みである。「情報レジスト」の情報では、地方の各地で占拠されていたと思われている内務省局ビルは、占拠されていたというより、各局長らによってお金と引き換えに「手渡されていた」。取引のスタート値は10万ドルからだったという。 今のアヴァコフ内務相が全国から批判を浴びており、筆者も批判者の一人であるが、この、「警察の除染作業」がきちんと広がっていけば、大いに感謝して真っ先に脱帽する。 (3) マイダン(※)の自警団のすべてが、これから内務省の管轄下に入り行動する。これは、安全保障・国防会議パルビー議長と各自警団の百人隊長との会議で決定されたことである。 ジュネーブ会合にて決まった「非合法的な武装集団の排除義務」を守っていないということでウクライナに文句を言い続けてきたロシアに対して、よい応えになる。(コメント: ジュネーブ会合ではロシアが人材・金銭的に支援している親ロシア過激集団の武器排除に関する項目として決まったことだが、ロシアはすかさず「ウクライナの『右翼セクター』などの親ウクライナ自警団のことだろう」と拒否している。) 今度はプーチンの番である。期待はしていないが、クレムリンがその招待を晒し、これからどのような言い訳を見せてくれるのか、楽しみである。 ※ マイダン=出発点キエフの「独立広場」(マイダン・ネザリェージノスチ)から取った、2013年11月末~2014年2月末の反政府抗議の総称。 =========================== 「情報レジスト」のアーカイブ(4月2日~17日)はこちら。(Архив переводов ИС … Continue reading

Posted in Tymchuk日本語, 日本語 | Tagged , , , , , , | 2 Comments

【情報レジスト】 5月5日(月)のまとめ――要約・解説

原文はこちら。 4月30日の分はこちら。   ※ 3月10日からウクライナで活動しているボランティア情報局、「情報レジスト」(”情報で抗議する”)リーダが発信しているその日の記録を、要約し一部解説を加えたものです。※ ====================================== ■ 悪かったこと ■ (1)  大統領選を降りたツァリョーフ氏がモスクワから戻ってきた。(それも、テロリストらに拘束されていたOSCE団の解放について交渉するために来たクレムリンの使いルキン氏と一緒だった。) ツァリョーフがルガンスクに顔を出したわけだが、ルガンスクの「人民市長」ボロトフ氏がすかさず「住民投票」の実施を宣言し、中央政府に東部から軍を撤退させ対テロ作戦を取りやめるように要求した。 ツァリョーフがクレムリンから運んだ差し入れがどれくらいのものだったのかは定かでないが、ルガンスク議員らの宣言は以前モスクワが中央政府に求めてきたことに極似していた。また、ツァリョーフとボロトフの提案を何人の議員が指示したのかは不明である。 (2) ロシア国境付近で危ないことが起きている。国境防衛庁によると、場所によってウクライナ側の検問所が親ロシア過激集団に包囲されるところもある。 検問所の占拠はまだ見られないが、万が一ロシア軍に国境を越すための「通路」が必要になれば、国境防衛軍はかなり苦労しそうである。 (3) 治安部隊員の死亡者が相次ぐ。きょうは「アルファ」特殊部隊員が、負傷した仲間を射界の外へと運ぼうとして手りゅう弾の爆発で死亡。 ウクライナの自由のために命を落とされた方々の前に頭が下がります。一人ひとり、英雄です。 同じアルファ特殊部隊が先日テロリストらとの戦闘の結果7名の負傷者を出し、17名のテロリストをせん滅。 (4) オデッサ州のウクライナ選挙民委員会によると、警察かオデッサの医者かが、親ロシアの分離主義者らに2日の衝突関係で病院に助けを求めた負傷者の情報を流している。 親ロシアのやらず者らがすかさずウクライナ愛国者たちの名前や住所をSNSに晒し始め、「お礼参り」を呼び掛けている。 臆病者の彼らは後ろから攻撃し逃げることくらいしかできないでしょうが、群れが集まると非常に危ない存在になる。ウクライナを愛するオデッサ住民が力を合わせて自己防衛できることを祈る。   ■ 良かったこと ■ (1) 対テロ作戦が続く。残念ながら、おかしな点もありつつ。 4日、クラマトルスク市を占拠していたテロリストらの排除が済んでから治安部隊も撤退した行動は良く理解できない。スラビャンスクにいる「情報レジスト」の情報源によると、再び町を支配するほどのテロリストらの勢力はそこに残っていない。しかし、治安部隊が去ってしまっては地元のギャングが活発になり無法地帯と化しかねない。 いずれにせよ、明らかな職務怠慢よりは良く分からない対テロ作戦実行のほうがましだろう。 (2) へルソン市では、特殊作戦の際にクリミアからオデッサに向かっていた36名の活動家が逮捕された。 防諜機関は頑張っている。もちろん、クリミアを出る時点で止められていたらよかったのだろうが、モスクワが南部にも押し付けようとしている流血シナリオはやはり失敗することに期待する。 (3) これは「良かったこと」よりも「笑えたこと」に当てはまる。プーチン大統領が、一連のロシアマスコミ代表に対する勲章授与を指令した。 腹を抱えてわっはっは、である。ファンタジーやSF分野の文学賞ならまだしも、ジャーナリズムのジの字も見せないロシアのマスコミはもはや全世界の笑い物である。しかし、プーチンは重宝しているよう。 筆者自身は、彼らが一生懸命なのは銭がねのためかと思っていたが、勲章のために頑張っていたとは。実にすばらしい。   =========================== 「情報レジスト」のアーカイブ(4月2日~17日)はこちら。(Архив переводов ИС со 2-го апреля) 「ウクライナ情勢ーーよくある質問(ウクライナ人の視点で)」はこちら。(Мини-ликбез)  

Posted in Tymchuk日本語, 日本語 | Tagged , , , , , , | 2 Comments

【情報レジスト】 4月30日(水)のまとめ――要約・解説

原文はこちら。 4月29日の分はこちら。   ※ 3月10日からウクライナで活動しているボランティア情報局、「情報レジスト」(”情報で抗議する”)リーダが発信しているその日の記録を、要約し一部解説を加えたものです。※ ====================================== ■ 悪かったこと ■ (1)  ウクライナ東部では、行政施設の庁舎占拠が続いている。 ウクライナ内務省がきょう発表した報告によると、ドネツク州では15の庁舎が占拠されている。これにはあらゆる市町の自治体施設、警察庁、保安庁支部が含まれる。 また、ドネツク州ではテロリストらが好きなところで検問所を設け放題である。警察は「善良な市民の建設的な活動」を妨げないようにしている。スラビャンスク市だけ、治安機関の部隊が定期的に検問所の強制排除をするが、排除しては撤退を繰り返すため、テロリストらの検問所はすぐに再発する。意味不明なゲームである。 ルガンスク州ではこのシナリオが走り出したばかりのよう。前日ルガンスク市の行政庁舎占拠に続き、アルチェフスク市で一部の行政機関庁舎が占拠された。 (2) 政府は、反テロ作戦が失敗した責任を擦り付けられる犯人探しを続けている。 東部の警察が政府の妨害・反逆に走りがちであることが「明らかになった」前日に続き、今度は保安庁のアルファ特殊部隊が悪者にされそうである。なんでも、命令に逆らったことでアルファの幹部は既に解雇されているとか。 実際には、アルファ部隊は幹部の解雇はなかったことを明らかにしている。 「情報レジスト」の情報でも、アルファ部隊が服従しなかったような命令はそもそも出されていない。命令がやはりあったのであれは、誰がいつ出した命令なのか、明確にしていただきたい。そうして初めて、アルファ部隊の小心さや命令不服従の話ができるようになる。それまでは、魔女狩りにしか見えない。 その代わり、確実に出されている「いかなる状況でも急所を狙った射撃は禁止」という命令の背景を明らかにしてもらいたいものである。そのような制限の中で効果的に排除作戦を行うのは不可能に等しいというのに。 (3) ウクライナ国境付近でロシア軍の大規模な軍事演習が続いている。 「情報レジスト」の観察では、国境付近のロシア軍が増えてはいない。しかし、既にいる部隊だけでも、ルガンスク市かどこかで「住民投票」を「手助けする」必要が生じれば、十分である。   ■ 良かったこと ■ (1) 国防省はきょう、国家国境および軍事的に重要な施設の防衛のために、一般市民から構成される防衛団形成について発表。 それと同時に、軍事経験がありウクライナの領土保安に貢献したい市民向けにホットラインが設けられた。警察・軍隊勤務経験があり、また公安保障隊に入りたい者は、+38 (044) 235-55-18まで電話すれば詳細を知ることができる。 とても良い試みである。以前も話したが、内戦という沼にはまりたくなければ、自警団などの形成はは国の治安機関の下でのみ行われるべきである。 問題は、これらの部隊がどのように利用されるか、である。既に行われた軍動員は悲惨な結果しか生み出していないことを考えると、心配せざるを得ない。   (2) パシンスキー大統領府長代行は、ドネツク州のスラビャンスク市における状況が近日中に一地方に制限され安定しそうであると述べた。 申し訳ないながら、筆者はパシンスキー氏の超能力を心の底から疑う。今の状況を客観視すれば、水晶玉で見たのでもない限り、安定したスラビャンスク市は想像できない。しかし、政府の代表がそのような発言をすること自体は、せめての安心感を与えてくれる。その予想が行動を伴うなら、ウクライナ政府をお称えしよう。 (3) ルガンスク市の状況は悲惨だが、ひとつ良いことがあった。 国家警備隊は、ルガンスク州の内務省総局占拠を阻止できた。きのう、分離主義者らが凶器を持って州営警察庁の襲撃を試み、国家警備隊員には武器を渡して施設を去るように要求したが、拒否された。 交渉の結果、兵役中の現役兵27名のみが施設を去り、幹部と契約兵は留まった。きょうも襲撃されることなく施設の防衛を務めている。 (by ドミトロ・ティムチュック) =========================== 「情報レジスト」のアーカイブ(4月2日~17日)はこちら。(Архив переводов ИС со 2-го … Continue reading

Posted in Tymchuk日本語, 日本語 | Tagged , , , , , , | 1 Comment

【情報レジスト】 4月29日(火)のまとめ――要約・解説

原文はこちら。 4月28日の分はこちら。   ※ 3月10日からウクライナで活動しているボランティア情報局、「情報レジスト」(”情報で抗議する”)リーダが発信しているその日の記録を、要約し一部解説を加えたものです。※ ====================================== ■ 悪かったこと ■ (1)  ルガンスク市とペルヴォマイスク市で一連の行政機関庁舎が占拠され、分離主義者らがその旗を挙げている。ルガンスク州はドネツク州と同じ道のりを辿ろうとしており、その次はハリコフ州の番である。 ウクライナ政府がもし東部をモスクワに手渡そうと考えているのなら、勇気を出して正直にそう言えばいいのである。 そうでなければ、恥ずかしがらずに行動で見せていただきたい。 わかっていただきたい。ロシア国旗を掲げた者らが唱える(プーチンがその投票の結果を認めるだろう)「住民投票」が実行されたら最後、東部のために戦うのが百倍難しくなる。今度は「親ロシア派」ではなくロシアそのものとの戦いになるからである。 (2) トルチノフ大統領代行が、分離主義者らが東部でやっている血の祭りの責任を擦り付けられる者を見つけた。ドネツク・ルガンスク州の警察を批判し、「不行使、無力、ときには犯罪に等しい裏切り行為」を嘆いた。これこそが、ウクライナ治安機関によるテロ対策の効果が低く結果が出せていない理由であるという。 事前に打ち合わせをしたかのように、 国家安全保障・国防会議もきょう同じ情報を発信している。 しかし、東部の警察が定期的に治安機関の行動を妨害してきたことは2か月前から一般人の間にも広く知られている事実である。大統領代行が今更それを認めるのは、ボケだろうか、素だろうか。3月からこの問題の解決に取り組む代わりに、国のトップが今まで何をしてきたのだろう。これだけ地域の状況を把握できたいない状態で反テロ作戦に踏み出したのだろうか。馬鹿げているとしか言いようがない。 (3) われわれ「情報レジスト」の情報では、きょうルガンスク市で実行されたシナリオは、明日明後日マリウポリとベルディャンスクでも実行される。 ウクライナ政府には、もはや期待すらしていない。     ■ 良かったこと ■ (きょうは非常に少なかった。) (1) 在ウクライナアメリカ大使館パイエット大使は、ロシア軍がウクライナ国境を一歩でも超えたら、アメリカはすぐに厳しく反応すると述べた。 現在、ロシア軍とロシア信者の狭間で国境を守っているウクライナ軍をはじめ、励みにしたい言葉である。 (2) 欧米の制裁措置は、低速度でだがプーチンを追い込みつつある。きょう、ロシアのガス輸出を担うガスプロム社は、制裁措置がロシア経済に対する国際投資家の信頼を弱めていることを認めた。 ロシアがきのうのおとといは馬鹿にしていた制裁措置だが、徐々に目覚めてきているようである。問題は、プーチンの酔いがさめるより、ウクライナの分裂を望む過激主義者らが早く力に酔ってしまうことである。 (by ドミトロ・ティムチュック) =========================== 「情報レジスト」のアーカイブ(4月2日~17日)はこちら。(Архив переводов ИС со 2-го апреля) 「ウクライナ情勢ーーよくある質問(ウクライナ人の視点で)」はこちら。(Мини-ликбез)  

Posted in Tymchuk日本語, 日本語 | Tagged , , , , , , | 1 Comment

【情報レジスト】 ウクライナ南東部状況の簡略分析(4月11日現在)

原文はこちら。 ==================== 【東南ウクライナの事情について】 原文: ドミトロ・ティムチュック 訳: マリヤ・ナウゴリナ(Переклад: Марія Наугольна) 4月11日以降、ウクライナの東地方には、反ウクライナ勢力によって、ロシアの主導や支援で、あるシナリオが実行中。その実行開始は従来4月8日の予定だったが、ウクライナの警察・治安機関の努力により一度予防されている。 【シナリオの内容】 地方行政庁舎、また警察・軍施設をなるべく多く占拠すること。 武器倉庫を乗っ取り、中の武器をなるべく多くの過激主義者の支援者に配布すること。 全体として、地方状態の最大限に不安定化させること。 【シナリオの目的】 ・戦術的な目的: 4月17日ウ・露・欧・米の参加でウクライナ問題が話し合われるジュネーブ会合でロシアが、ウクライナ政府の「地方によっては地方ごと認められておらず、国をコントロール出来ていない」様子を証拠に、「非合法的なもの」として暫定政府を問題にできるようにすること。 ・戦略的な目的: 少なくとも、国連制の導入。 最終目的はウクライナの分裂。混乱に陥れられた地方をウクライナから分離させ、体裁だけの「国家」にすること。 情報レジスト・グループの結論では、ロシアへの編入は予定されていないと思われる。 【シナリオの駆動力】 ① ロシア軍参謀本部情報総局(GRU) ウクライナやウクライナの国境付近にあるロシアのコーディネータ網が代表。 こ の二日間、以前「クリミア半島」のシナリオに関わったコーディネータの導入が広範囲において行われており、また、ウクライナ国内過激集団の協力で作られた 国境の「通路」を通して、GRUの小部隊が複数派遣されている。その目的は、小さな町の地方行政施設を占領する過激主義者に直接援助を与えることである。 特に、ウクライナ国境付近にあるロシアの飛行場で空軍のヘリコプターなど約240台が集中していることが心配である。これらは、更なる軍力や牽制活動団を東ウクライナに送り込むために利用されかねない。 指導はロシア軍参謀本部情報総局のロストフ・ナ・ドヌー支部から行われている。 ② ロシア保安庁 (FSB) 諜報活動家網が代表。 東ウクライナにおけるウクライナ人の大規模徴募が目的。リクルートされた住民はGRUが実施している撹乱活動に利用される。 指導は直接モスクワから行われている。 ③ 過激主義者(分離独立主義者) 公式・非公式的社会集団。コーディネータ網から指示を受けGRUの道具となる。 資金供給方法は以下の三つ: 1.ロシアから直接コーディネータ経由で流れる資金 2.クリミア政府を経由してロシアから流れる資金 3.地元の富豪らが提供する資金 ④ 集団非所属の現地住民 シナリオの実現に不可欠なエキストラ、いわゆる「大砲の餌食」。 … Continue reading

Posted in Tymchuk日本語, 日本語 | Tagged , , , , , , , | 1 Comment